Home | News | FmMasuo/blog | Report

> English

増尾好秋 Webサイト BBS

(全過去ログ) | [<<Older] [Newer>>] Page 6/6


増尾さんもご覧になっています / [ヘルプ]

件名:

本文 (使える飾文字):

お名前:   Email(省略可):
Password(後の修正用.半角英数4-10字): |
URL/City(省略可):


#4518 吉祥寺 SOMETIME Posted by Motoko  2024/04/24 17:20 [Edit]

今夜は増尾さんと永武幹子さんのバンドJJ.Soul。
On A Slow Bort to Chinaに始まった今夜のライブ、サムタイムは満席のお客様の中終始盛り上がりました。
Body & Soul の増尾さんのギターきれいで素敵だったし
大好きな本田竹広さんのWind surfingはJJ.Soulと増尾さんの組み合わせにとても合っているような気がして素晴らしかった。
個人的には増尾さんがGirl Talkを持ってきてくださったのですが、増尾さんが弾くのは初めて聞いたような気がするけど大好きな曲なので嬉しかったし、増尾さんのギター素敵だったなぁ。
October Surpriseも4人の熱演が素晴らしかった。
カナダからいらしたお客様もいて、増尾さんが英語で曲の説明をしてくださったので、喜んでました。やはり日本語と英語の両方でMCをやるとさらに会場に一体感が生まれていいですね。
ともあれとても楽しいライブでした。


#4517 Re^2: 吉祥寺 SOMETIME Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/04/23 23:59 [Edit]

最初、Motoko さんからの投稿を とつき さんが書かれたものと取り違えまして、
(文章の感じでもわかるのに)、私の #4515 に訂正を入れました。

お二人ともSOMETIMEへ いらっしゃるんだろうな、と思っていたのに、
昨日・今日とハードな緊張の昼夜を過ごしたあとボーッとしててこんなボケをやってしまいました。

素晴らしいレポートを書いてくださった Motoko さんにも、そして とつき さんにも、
失礼しました。

とつき さんも ありがとうございます。


#4516 行ってきました 吉祥寺SOMETIME Posted by とつき  2024/04/23 23:49 [Edit]

うわ、Motoko さんに先を越された。

英語での曲説明は、Corvallis の時。 最初永武さんが説明しかけて、それを増尾さんに振ったところ、
増尾さんのテレ隠しも兼ねての事でした。 あったかい雰囲気でしたね。

1部最後の Wind surfing ですが、この曲をこのメンバーでここサムタイムで聞いたのはもう何年前に
なるでしょうか。 あの時はもうとにかく全力で疾走して心臓が爆発寸前になるような切迫感で高揚
しましたが、今日のは余裕を感じるというか、同じくらいスピードが出ていても、ボードから水面には
決して落っこちないような安定感を感じました。 経験という年輪でしょうか。

サムタイムでいつも頼む白ワインのハーフボトルがメニューから落ちていてフルボトルになっていた
のが唯一の残念でした。(さすがに1本は飲めない)

私も、ともあれとても楽しいライブでした。


#4515 Re: 吉祥寺 SOMETIME Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/04/23 23:44 [Edit]

Motokoさん、
SOMETIME での様子を、ありがとうございます。
私、前々からこの日 行く気満々だったのに、やむを得ない事情で行けなくなってしまって
Motoko さんの投稿を頼りに想像しながら楽しませていただいてます。

ああ、でも やっぱり聴きたかった、観たかった なぁ ...

増尾さん英語でも話されたのですね。
こういうお店で海外からの方々も 楽しんでいかれるのはなんだか嬉しいです。


#4514 吉祥寺 SOMETIME Posted by Motoko  2024/04/23 22:51 [Edit]

今夜は増尾さんと永武幹子さんのバンドJJ.Soul。
On A Slow Bort to Chinaに始まった今夜のライブ、サムタイムは満席のお客様の中終始盛り上がりました。
Body & Soul の増尾さんのギターきれいで素敵だったし
大好きな本田竹広さんのWind surfingはJJ.Soulと増尾さんの組み合わせにとても合っているような気がして素晴らしかった。
個人的には増尾さんがGirl Talkを持ってきてくださったのですが、増尾さんが弾くのは初めて聞いたような気がするけど大好きな曲なので嬉しかったし、増尾さんのギター素敵だったなぁ。
October Surpriseも4人の熱演が素晴らしかった。
カナダからいらしたお客様もいて、増尾さんが英語で曲の説明をしてくださったので、喜んでました。やはり日本語と英語の両方でMCをやるとさらに会場に一体感が生まれていいですね。
ともあれとても楽しいライブでした。


#4513 Re: 行ってきました 本八幡 Cool JoJo Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/04/14 00:44 [Edit]

とつき さん、
Cool JoJo にいらっしゃるとは、ちょっと遠いでしょうから、予想外でした。
演奏の様子を教えてくださってありがとうございます。
その描写から、なんかバンドの様子がすごくリアルに感じられるような気がしました。

去年の秋に感じさせてくれた進化を、もう一段上にあげた感じなんですかね。

同じ日 Cool JoJo に行った別の方も、さらにレベルアップしていて相当な聴き応えがあった
との感想でした。

すばらしいっ!
私も今の YMG を早く聴きたいです。
(ただ、当分の間 出かけるのが非常に難しくって… 行けたらいいなぁ)


#4512 行ってきました 本八幡 Cool JoJo Posted by とつき  2024/04/12 00:56 [Edit]

今宵は(今季初仕事だったそうな)YMG。
そのせいかも知れないけれどこのバンド、新たなステージに歩を進めた感がしました。

例えば、曲名は判らなかったけれど増尾さんが「このバンドで新しい曲をやろうと思います。
でもリハーサルも何もしてないんだよねえ。」と言った後、永武さんに向けて
「ケツの4小節を4回位繰り返して、(始めましょうか)ね。」と言い、北井さんには
「ミディアムテンポの速い目で。(詳しい説明は)良いよね。」とだけ言って、
榊原さんには何も言わずに始めた曲がありました。(括弧内は私の妄想です)
これがまた、そんな一発勝負とは思えない素晴らしい演奏。

他にも何の曲だったか、ドラムソロに入る時にいつもとはちょっと違うタイミングで
北井さんに振って、(私には北井さんが「えーー?」という表情をしたように見えました)
そのドラムソロが終わる時も(北井さんは「もう限界ですぅ」という表情に見えましたが)
増尾さんは後ろを一切振り向かず(アイコンタクトせず)、出音だけに全集中して繋げて
いました。 これもまた、ギクシャクなど一切無い素晴らしい演奏でした。

いつもなら増尾さんのギターから入る曲も、北井さんに「何か始めにちょっと入れてよ」
と突然振ってみたり。

バンドのアンサンブルを一段上のレベルに引き上げようとしている感じ、と言いましょうか。
何か「進化」を感じさせる今夜でした。

永武さんは先月、NYに1ヶ月滞在して50ステージ踏んだそうで、(ものすごい濃密な時間だった
ことでしょう)そういう経験の深化もあったのかも知れません。

やっぱり YMG は良いなあ〜。


#4511 Re: 行って来ました 新宿SOMEDAY Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/03/30 14:36 [Edit]

とつき さん、
新宿J の跡地まで行かれたのですね。厚生年金会館もすでになくなったし、ちょっと寂しいです。

新宿 SOMEDAY は私にとって5~6回目くらいになったかと思いますが、今回はじめて駅から
お店まで自分なりの最短/最善ルートらしき道を歩いてみてたどりつくことができました。
PIT INN裏手の路地などを通るのですが、帰りの時間帯はその辺りは、
ちょっと賑やかすぎで独特な雰囲気もあって避けたい感じでした(苦笑)。

シャーリーさんは私の斜め後の座席位置で、演奏中は見えませんでしたから
とつきさん、様子を教えてくださってありがとうございます。
シャーリーさんはこの春長めに日本に滞在されるご予定のようです。
またお会いできたらと思っています。

増尾さんと井上智さんの出逢いは、ニューヨークのソーホーに増尾さんが所有していたときに
そのスタジオで智さんがレコーディングしたときだった、ということは
何度か話されたことがありましたが、この日はMCでもう少し詳しく語ってくれて、
そのときのお二人の様子が感じられてよかったです。

智さんによれば、そのとき増尾さんが「さとし、いいよー!」と言ってくれたとのこと。
そのときの増尾さんがすごく爽やで、その後も会うたびに爽やかな人だと感じられているそうです。
増尾さんは、そのときに智さんがレコーディングしていた I Should Care の、
智さんによるアレンジがすごくいいと思って、よくそのアレンジで演奏している、と語られていました。
前半と後半のキーが違うのがすごく絶妙で名アレンジだと思う、と。
この日のI Should Care の演奏のほうもすごく良かったです。(ほかの曲でも印象的な演奏がいろいろ。)

この日は会場けっこうヒートアップしてましたね。
ギターだけのお二人のデュオも好きなのですが、このカルテットでまた聴きたいなと思わされました。


#4510 行って来ました 新宿SOMEDAY Posted by とつき  2024/03/30 00:48 [Edit]

久しぶりに。 新宿SOMEDAYはコロナ前以来かな。

開店の18:45に行ったら、まだリハーサルの音が。 「入れます?」と聞いたら、
「少々お待ちください。今ミュージシャンに客入れして良いか確認して来ます。」と言われたので、
「ああ、いや、結構です。もう少し経ってからまた来ます。」と言い残して外へ。

「どこで時間潰そうかなあ」と思いついたのが、「そうだ J の跡地を見に行こう」。
コロナ禍で急な閉店をしたジャズクラブ「J」が近くだったので、今どうなっているか探検。
お店のあったビル(マンション)の佇まいはそのまま。 テナントの看板が、カレー屋さんは
残っていたけど、見慣れないものと空白のままのものと。 さすがに地下まで降りては行かなかった
ので未確認ですが、まだ改装されて無さそう。

そんなところで引き返して入店してみると、もう結構なお客さんが入ってました。
私よりちょっとだけ遅く入店した Kacoさん が挨拶しているので気づきましたが、
客席に シャーリーさんの姿が。 貴重。

今宵は New York Reunion QUARTET と名付けられたユニットですが、
井上智さんとのギターデュオにリズム隊が付いた編成か、と思ったら何故か AG22 のカレーが
食べたくなりました。 パブロフの犬 状態。

セットリストの中に October Surprise があって、増尾さんが「そうか、これ作ってからもう4年なのか」
と言ってましたが、まさに。 光陰矢の如し。

演奏が楽しかったのは勿論ですが、印象的だったのは シャーリーさんが増尾さんのソロの時に体を揺らして
楽しんでいたこと。 長年連れ添った仲でもこんな風に楽しめるのはステキだな、と思いました。
今日はなんか急に暑い(熱い)日でしたね。


#4509 春の日本ツアー初日Organ Jazz Club Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/03/23 15:27 [Edit]

行ってきました、沼袋 Organ Jazz Club。メンバーは
増尾さん(g), 金子雄太さん(org), 奥平真吾(ds)さんのオルガントリオに +ジュン・ミヤケさん(ts)。

増尾さんお元気そうでしたよ。

演奏された曲はすべてジャズのスタンダードで、そのなかで、
私個人にとって、増尾さんが演奏されるのを初めてまたは何年ぶりに?聴くような、珍しい曲も
2、3ありました。
1つは、最初の Scrapple from the Apple (パーカー)。
それと2部最初の「フランスィング」(マイルス・デイヴィス)。
 この曲名はマイルスの奥さまの名前から付けたものだそうで、後でネットで
 調べたら Pfrancing というスペルで、そして別名 "No Blue" なんですね。
 ちなみに奥さまの実際の名前は Frances のようです。
あと Footprints (ウェイン・ショーター)。この曲もたぶん初かまたはすごく久しぶりと思います。

ミヤケさんはサックスでもフルートでも音色が多彩で、エネルギッシュというか肺活量すごそう。
彼の音圧は最大値が強くて、たぶんそれに合うように、増尾さんのギターもしっかり大きめでした。
いつものコーラスとエフェクタをご使用です。

全体を通して、個々の奏者の味と、息のあったアンサンブルの素晴らしさの両方とも
ぞんぶんに感じることができて、すごく興奮したし楽しかったです。

増尾さんはこの夜もピックをかなり使用されていたように感じました
(私の視力では遠眼につらくてあまりしっかりは見てませんが)。
増尾さんのギター、やっぱりいいな~と何度も思わされたし、
最後アンコールで増尾さんがポロポロと弾きだして始まった Love Letters は
ほんとに心に染みました。


#4508 RIP Posted by 遥@千葉  2024/03/13 07:20 [Edit]

T.M.スティーヴンス(72歳)...私と10歳違いなんですね。
新宿厚生年金会館で増尾さんのライブを見た時は27歳ぐらい。
マイクにボコボコ頭をぶつけながらのソロのバカっぽい(最高の褒め言葉)エネルギーも納得です。
楽しませて頂きました。
ありがとうございました。


#4507 RE: 訃報 T. M. スティーヴンスさん Posted by とつき  2024/03/12 20:00 [Edit]

残念です。 あのパワフルでファンクなベース、好きでした。

増尾さんのキングレコード時代のアルバムに参加していた事でその名を知りましたが、
動く姿を見たのはその後(1980年代初頭)に発売されたレーザーディスク(高中正義のライブの
サポートメンバーだった)という記憶は私の勘違いでしょうか。

T. M. スティーヴンスのT.M.って、トーマス・マイケルの略だったのですね。今頃知った。
ご冥福。


#4506 訃報 T. M. スティーヴンスさん Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/03/12 13:19 [Edit]

さきほど、リスナー仲間の方からメールで教えていただきました。

ベーシストのT.M.スティーヴンスさんが亡くなられたそうです。
T.M.スティーヴンス 死去
また、英語のこういう記事も見つけました
In Memoriam: T.M. Stevens

以前に増尾さんから、彼が病気で演奏できない状態だと伺ったことがありました。
闘病が長かったようですね。

とても哀しく、残念ですが、
彼がお元気だったときに私達ファンに届けてくれたサウンドに感謝して
お別れしたいと思います。

R. I. P.


#4505 レポートページにリンク追加 Posted by 管理人 Kaco [email]  2024/03/12 13:04 [Edit]

しばらくぶりの書き込みです。
(このところ、仕事の納期のほかに面倒事をあれこれと抱えていまして
 身体はふつうに元気なのですが、何かと気が休まらなくて… )

昨年暮れに増尾さんが Nica's に出演されたときの写真と文をお店のマスター元岡さんが
Facebookに上げられていたことに、つい最近気付いて、2023年 (2) レポートページからリンクを貼りました。
このURLです(別タブ/窓 で開く)

私も当日写真を撮ったものの、↑この写真が1枚で全体がよくわかると思います。


#4504 440000番! Posted by 管理人 Kaco [email]  2023/12/30 21:58 [Edit]

トップページのアクセスカウンターが昨日ちょうど44万に達して、
その番号を East Man さんが踏んだそうです。久しぶりの切り番です。
切り番の記念リストに掲載させていただきました。
East Man さん、ご連絡ありがとうございます。


ここでついでながら、
この掲示板をご覧の皆さまにご連絡です。
Facebook の増尾さんページを西松さんと一緒に管理してくれている方の
ネットネーム表記が一カ月ほど前に変わりまして、
一文字増えて Run さん→ Runa さんとなっています。同じ方です。
Runa さんは、写真撮影や Facebook だけでなく、最近はほかにもいろいろとサポートされています。
いつもありがとうございます。


増尾さんの今年最後のライブが終わって、もうじき年が変わりますね。
皆さま、どうぞよいお年を。


#4503 町田 Nica's に行ってきました。 Posted by 管理人 Kaco [email]  2023/12/30 03:03 [Edit]

Nica's での「文男ちゃん頑張れ 85歳!」ライブに行ってきました。
  出演: 峰厚介(sax), 増尾好秋(g), 鈴木良雄(b), 村上寛(ds).

12月29日は Nica's でこのところ毎年恒例となっている渡辺文男さんバースデーライブの予定でしたが、
文男さんが体調をくずされて医師から外出禁止令が出たとのことで、文男さん以外のメンバーによる
応援ライブとなったわけです。それでも、このメンバー、豪華ですよね。
Nica's のような、親密な空間でこの顔ぶれ って超贅沢です。

この日はリハーサルをやらなかったそうでセットリストもたいして決まっていなかったようでした
(某お客さんによると、メンバーどうしでこの日のリハは やらなくてもいいよね、となっていたそうな。)
そして1曲ごとに、次の曲はどうしようか… なんて相談したり、
あとは演奏の途中で合図して… という感じでした。
その打ち合わせの会話が、冗談まじりだったりして、ゆる~い 感じなんですよね。
そんな ゆるい感じで進行しつつも、演奏が始まったら やはりこの顔ぶれなので 凄いのです。
あんなちょっとの打ち合わせで…  そのギャップがなんとも言えない。
そして増尾さんのギターはやっぱりカッコよかったです。

2部の途中に、チンさん増尾さんと同じダンモ研の後輩にあたる早大生 中根 佑紀(なかね ゆうき)さん
がテナーサックスで飛び入り参加しました。
先月、早稲田大学モダンジャズ研究会 創立60周年記念コンサートに、中根さんも出演していて、
チンさんや増尾さんの目(というか耳)にとまったみたいです。チンさんや増尾さんが認める期待の新人です。
私にとって中根さんを聴くのは初だったのですが、ちょっと聴いただけでもう、すごくいい!って感じました。
あと、このお店のマスター元岡(もとおか)さんもピアノで2曲ほど参加されました。

とても盛り上がりましたよ。
文男さんに応援のエネルギー届いたかな。


#4502 東中野 Big River に行ってきました Posted by 管理人 Kaco [email]  2023/12/10 22:24 [Edit]

Big River は今年いっぱいで閉店だそうです。
増尾さんは2年ほど前からこのお店に、加藤泉さんとのギターデュオで何度か出演されてきましたが、
今日がその最終回でした。(私にとっては今回が初めてかつ最後の Big River となってしまいました)
小さなお店は満席。そのなかに、日本語を話す白人の方がいらしたのですが、彼は
増尾さんがロリンズ バンドのメンバーだった頃に、ニューヨークで聴いたのだそうです。
1975年、ニューポート ジャズフェスティバルのとき?に
Sonny Rollins をカーネギーホールで聴いたそうです。そのときにメンバーを見て
ピアノじゃなくギターだ! と、しかも 日本人?! と 驚いたこと思い出を話されていました。
(終演後にも増尾さんと 主に英語で話し込まれていました)

1ステージ制だから、そんなに何曲も聴けるわけじゃないのに、
トークがほかにも興味深くて、時間が足りないっ! って内心思いました。
きっと前回も前々回も興味深いお話があったのかしら。

加藤泉さんと増尾さんのデュオを、私は久しぶりに聴いたのですが、
加藤さんの素晴らしさを改めて感じて、またこのデュオを聴きたい、と思わされました。


#4501 Re:行って来ました AG22 Posted by 管理人 Kaco [email]  2023/12/02 23:29 [Edit]

とつき さん、
岩見さんとの Duo のことレポしてくださってありがとうございます。

増尾さんと岩見さんのデュオはけっこう回を重ねてこられて定番っぽい感じになってきていますね。
自然にフレーズが受け渡しされる感じ、 とおっしゃるの、なんか わかります。

うちの給湯器が1週間以上前から故障していまして。不便な生活ですが、あと数日 我慢です。
お湯のありがたみをしみじみ感じてます。
なにかとバタバタしていますが、ライブにもまた行きたいです。


#4500 行って来ました AG22 Posted by とつき  2023/12/01 23:54 [Edit]

今宵は 岩見淳三 さんとのDuo

岩見さん、存じ上げませんでしたが、奥さんも音楽家、娘さんも音楽家で、家族総出でのライブ公演もされるそう。
増尾さんも「岩見さんのように同じギタリストの曲を演奏するって、刺激になるんです。「おっ、そう来たか」
みたいな自分では思いつかないアイデアに触れるのって勉強になるんですよね。」とのこと。

お店に早く到着したので、リハーサルからたっぷり聴けました。二人ともキレイなトーンで、目を瞑って聴いて
いると、夢心地に。二人の間でフレーズが受け渡されても気付かないくらい自然で気持ち良かったです。

お店のスパイスチキンカレー(あれで850円は安い!)も食べれたし、ほっこりしましたが、帰路はリアルに
寒かった〜。(明日も寒いらしい。この間まで夏みたいだったのに。)


#4499 東中野 Big River Posted by 管理人 Kaco [email]  2023/11/29 19:24 [Edit]

お店のマスターが、先日の増尾さんご出演時についてFacebookに投稿されています。
こちらです


来月12月10日 日曜日 にも、Big Riverで 増尾さんと加藤泉(g) さんのデュオがあります。 15時から です。
Big River は今年いっぱいで閉店されることになっていて、増尾さん最後の出演になるようです。

今、お店のホームページの予約をクリックするとエラーになってしまう状態になっていて、
どうしたらいいか問い合わせましたところ、予約するには、
Facebookのマスター大川さんのページから Facebookメッセージ機能を使ってくださいとのことです。

キャパがそんなにないので、もしかして常連さんだけで席が埋まってしまうかもしれないですが、
いちおうのお知らせでした。


(全過去ログ) | [<<Older] [Newer>>] Page 6/6
Top of this page Maintained by: Kaco