Entrance > 日本語 Home
                          > Discography > Omunibus オムニバス
増尾好秋Webサイト
Yoshiaki Masuo Discography - Japanese version - → English 

Discography Index | リーダー今期, リーダー前期 | 共演 | Omnibus | Compi | Video | JazzCity, JC Spirt, SunAv

Omnibus オムニバス (複数リーダー/バンドの寄せ集め)

Album Title
& Release Date(s)
Songs Personnel
& Recording Data
Three Genedations
The Kennedy Center Concert Vol. 2

(KICJ 332 Mar 27 1997)
1. Fine Rouge (Masahiko Osaka)
2. Etermity (Yoichi Inoue)
3. I Thought About You  (Johnny Mercer, Jimmy Van Heusen)
4. Keep In Touch - Just Do It (Masahiko Osaka)-(Tomonao Hara)

5. Walkin' Around (Yoshiaki Masuo)
6. Elvinesque (Akira Tana)
7. Dreams of Water (Yoshio Suzuki)

8. Oleo  (Sonny Rollins)
◇ Tracks 1-4
Masahiko Osaka & Tomonao Hara Quintet
◇ Tracks 5-7
Japanese All Stars
◇ Tracks 8
Three Generations Jam with Toshiko Akiyoshi:
Toshiko Akiyoshi (p), Tomonao Hara (tp), Kosuke Mine (ts), Tetsuro Kawashima (ts), Yoshiaki Masuo (g), Yoshio Suzuiki (b), Masahiko Osaka (ds)

Recorded live at the Terrace Theatre in the John F. Kennedy Center for the Performing Arts, Washington DC, Mar. 29, 1997

Three Generations
The Kennedy Center Concert Vol. 1

(KICJ 325 Dec.22, 97)
1. Ornithology (Charlie Parker)
2. Way in, Way out (Masahiko Osaka)
3. K.M.D (Tomonao Hara)
4. Just Do it (Tomonao Hara)

5. Tight Squeeze (Akira Tana)
6. Small Steps (Yoshiaki Masuo)
7. I Remember Goko (Kosuke Mine)
8. Thou Art Taylor Made (Kei Akagi)

9. Billie's Bounce (Charlie Parker) / Three Generations Jam with Toshiko Akiyoshi

◇Tracks 1-4:
Masahiko Osaka & Tomonao Hara Quintet: Tomonao Hara (tp), Tetsuro Kawashima (ts), Yuichi Inoue (p), Shin Kamimura (b), Masahiko Osaka (ds)

◇Tracks 5-8:
Japanese All Stars: Kosuke Mine (ts), Kei Akagi (p), Yoshiaki Masuo (g), Yoshio Suzuiki (b), Akira Tana (ds)

◇Track 9:
Three Generations Jam with Toshiko Akiyoshi: Toshiko Akiyoshi (p), Tomonao Hara (tp), Kosuke Mine (ts), Tetsuro Kawashima (ts), Yoshiaki Masuo (g), Shin Kamimura (b), Akira Tana (ds)

Recorded live at the Terrace Theatre in the John F. Kennedy Center for the Performing Arts, Washington DC, Mar. 29, 1997
Album Produced  by Yoichi Nakao for King Records
Live recording produced by Akira Tana
Bossa Animada
-- Tribute to Jobim


OMAGATOKI SC-3146
(OMCA-2 ?) Nov 25, 1995
1. Brigas Nunca Mais けんかはもうしない (A. C. Jobim/Vinicus De Moraes)
2. Garota de Ipanema イパネマの娘 (Jobim/Vinicius De Moraes)
3. The Red Blouse レッド・ブラウス (Jobim)
4. Lamento No Morro モロの嘆き (Jobim/Vinicius De Moraes)
5. Anos Dourados 黄金の日々 (Jobim/chiko Barque)
6. A Felicidade フェリシダージ (Jobim/Vinicius De Moraes)
7. Luciana ルシアーナ (Jobim/Vinicius De Moraes)
8. Samba de Uma Nota So ワン・ノート・サンバ (Jobim/Newton Mendonca)
9. Dialogo ダイアローグ (Jobim)
10. So Danco Samba ソ・ダンソ・サンバ (Jobim/Vinicius De Moraes)
11. Olha Maria オーリャ・マリア[アンパーロ] (Jobim/Vinicius De Moraes/Chico Barque) / Chega de Saudade 想いあふれて[ノー・モア・ブルース] (Jobim/Vinicius De Moraes)
12. Triste トリステ (Jobim)

(Yoshiaki Masuo: Track 1:ギター, Track 10:口笛&ギター&ボーカル, Track 12:ギター)
New York Samba Session (Tracks 1,10,12) Steve Sacks (arr, sax, fl), Yoshiaki Masuo (guitars, vo), Cliff Korman (kb), Kip Reed (el b), Kazuo Yoshida (ds, perc)
Wanda with Spick & Span (Track 2) Wanda Sa (vo), Kazuo Yoshida (arr, ds), Kazuhiko Obata (g), Manabu Oishi (kb), Yoichi Yahiro (el b), Tomohiro Yahiro (perc)
Paulo Cesar Goup (Track 3) Paulo Cesar (arr, kb), Yutaka Kido (fl), Azeitona (el b), Kauo Yoshida (ds, perc)
Super Sanba Session (Tracks 4, 8) Yoshio Otomo (as), Yoishi Murata (horn arr, tb), Yuka Kido (fl), Kiichi Futamura (kb), Kazuhiko Obata (g), Yoichi Yahiro (el b), Saori Sendo (congas), Kazuo Yoshida (rythm arr, ds, perc)
Miucha with Yoshiro (Track 5) Miucha (vo), Yoshiro Nakamura (ac g), Jorge Helder (b), Kazuo Yoshida (perc)
Samba Bank (Track 6) Akiko Koizumi (vo, kb), Masayuki Suzuki (ts), Yoshihiro Harada (steel drums), Kosaku Omori (el b), Saori Sendo (perc), Kazuo Yoshida (ds, perc)
Helio Celso Trio (Track 7) Helio Celso (arr, p), Paulo Russo (b), Kazuo Yoshida (ds) 
Club Meeting (Track 9) Shigeharu Sasago (arr, ac g), Hiroki Miyano (ac g), Yuka Kido (fl), Benisuke Sakai (b), Kazuo Yoshida (perc)
Keiko Iwasaki Trio (Track 11) Keiko Iwasaki (arr, p), Terumichi Yamada (b), Kazuo Yoshida (ds, perc)

Produced by Kazuo Yoshida
Co-produced by Yohiaki Masuo (Tracks 1, 10, 12)
Recorded in Tokyo, Rio De Janeiro, and New York in 1995

[Personell in Japanese: ヴァンダ・サー,ミウシャ,小泉明子(vo), 増尾好秋(g,vo), 小畑和彦,中村善郎,宮野弘紀,笹子重治(g), スティーヴ・サックス(sax, fl), 城戸夕果(fl), 大友義雄(as), 鈴木雅之(ts), 村田陽一(tb), エリオ・セルソ,岩崎佳子(p), クリフ・コーマン,パウロ・セザール,大石学(keyb), キップ・リード,アゼイトナ,ジョルジ・エルデール, パウロ・ラッソ,八尋洋一,坂井紅介,大森輝作,山田晃路(b), 吉田和雄(ds), 八尋知洋,仙道さおり(perc), 原田芳宏(steel drums)]
Yoiyoiyama Concert 78

LP: 宵々山コンサート '78 街
CD:第6回宵々山コンサート

LP:? ???
CD:(26枚組の1つとして)マクランサ MAC14-39
Side A:
オープニング 自切俳人  出演者紹介
〈杉田二郎〉人力ヒコーキのバラード、あの愛の歌を今唄いたい、八ヶ岳、(青春は)まるで映画のように
〈石川鷹彦〉アンジー、ホット・クロス・バン スティングのテーマ
〈ヒューマン・ずー〉風に消えたあいつ、宇宙戦艦ヤマト、ヒューマン・ズーのテーマ
Side B:
〈高石ともや&ザ・ナターシャー・セブン〉 夜明けを待ちながら、気分は最高さ、アーカンソー・トラベラー、わらの中の七面鳥、カンバーランド・ギャップ、ホーム・スイート・ホーム、ローハイド、フォギー・マウンテン・ブレイク・ダウン、口笛吹きのジプシー、小さなおまえに、山と川、ほっちょせ節、おやすみ旅人よ
Side C:
〈諸口あきら〉 草野球の唄、涙の北区、ひとりぽっちの夜
〈永六輔〉 文化講演会、黒い花びら、火入れ式
Side D:
〈谷口又士とオールドボーイ・オールスターズ〉世界は日の出を待っている、ロンサム・ロード、黒い瞳、ブギー・ブルース、聖者の行進、ケアレス・ラブ、シュッド・アイ
一本じめ、街(エンディング)
杉田二郎、石川鷹彦、自切俳人とヒューマン・ズー、諸口あきら、永六輔、谷口又士とオールドボーイ・オールスターズ、坂本九(飛び入り)、増尾好秋(飛び入り)、ザ・ナターシャー・セブン(高石ともや、城田じゅんじ、坂庭しょうご、木田たかすけ)

Recorded at Kyoto Maruyama Park Outdoor Music Hall on Sunday, July 16, 1978

※京都 円山公園 野外音楽堂にて。 谷口又士とオールド ボーイ オールスターズのピアニスト増尾博は、増尾好秋の父。谷口又士とオールドボーイ・オールスターズのステージで、坂本九が飛び入りして「聖者の行進」を歌った。その次の2曲「Careless Love」「Should I」に増尾好秋が飛び入り出演した。

→宵々山コンサートのサイト「陽気に行こう」 ]
East Wind
Various artists

LP: SNP-66 (非売品)
Side 1:
1. The Begining
2. Stonen Moments
3. Unforseen
4. Round About Midnight
5. East 9th Street
6. Exercise #5-April Joy
7. Nothin' Beats an Evil Woman
8. Untitiled
Side 2:
1. Sweet and Lovely
2. God Bless the Child
3. What are You Doing the Rest of Your Life
4. Beedies
5. Golden Spook
6. Soul Lady
7. Phil's Tune
8. Soul Lady
Sadao Watanabe (as)
Hiroshi Fukumura (tb)
Yoshiaki Masuo (g)
Takehiro Honda (p)
Yoshio Suzuki (b)
Hiroshi Murakami (ds)

Recorded in 1975 (Aug 3, 1978 の情報もあるが75正しいようだ)
at Vanguard Studio, New York

渡辺貞夫(as), 福村博(tb), 増尾好秋(g), 本田竹曠(p), 鈴木良雄(b), 村上寛(ds)
All Japan Jazz Festival '71
Poll Winners


Nippon Phonogram-Phillips, FS-5065-7
==== Disc 1 ====
Side A:
1. テーマ〜テイッペラリー (J. Judge - H. Williams)
2. テイン・ルーフ・ブルース (Pollack, Brunies, Rappollo, Stitzel & Mares) 
3. ロイヤル・ガーデン・ブルース (C. Williams - S. Williams)
4. セント・ルイス・ブルース (W.C. Handy)
5. 聖者の行進 (Trad)

Side B:
1. バック・トウ・スイング (Eiji Kigamura)
2. サムデイ・スイート・ハート (J. C. Spikes - B. F. Spikes)
3. ジャーシー・バウンス (Bradshaw, Johnson, Plater, Bruce, Feyne)

==== Disc 2 ====
Side A:
1. ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド (Count Basie)
2. ビリーズ・バウンス (Charlie Parker)
Side B:
1. グリーン・エア (Sadao Watanabe)
2. アナクロニズム (Kazuo Yashiro)
3. フリーダム・ジャズ・ダンス (Eddie Harris)

==== Disc 3 ====
Side A:
1. ダンシング・ミスト (Masabumi Kikuchi) 
2. バトル・アレイ (Norio Maeda)

Side B:
1. ウインド・ミル (Eiichi Fujii) / 原信夫とシャープスアンドフラッツ
2. サム・アザーデイ (Mal Waldron)
3. ティッペラリー (J. Judge. H. Williams) / 原信夫とシャープスアンドフラッツ+宮間利之とニューハード
Disc 1 A1〜A5
●南里文雄(tp), 薗田憲一とデキシー・キングス

Disc 1 B1〜B3; Disc 2 A1
●スイング・オール・スターズ -- 与田輝雄(ts), 北村英治(cl), 鈴木章治(cl), 世良譲(p), 高柳昌行(g), 原田政長(b), ジミー竹田(ds), 増田一郎(vib), 松崎龍生(vib))

Disc 2 A2, B1〜B2
●ビ・バップ・オールスターズ -- 仲野彰(tp), 伏見哲夫(tp), 渡辺貞夫(as), 松本英彦(ts), 八城一夫(p), 沢田駿吾(g), 鈴木勲(b), 猪俣猛(ds))

Disc 2 B3; Disc 3 A1
●モダンジャズ・オールスターズ -- 日野皓正(tp),峰厚介(as),渡辺貞夫(sn),村岡健(ts),菊地雅章(elp), 増尾好秋(g),稲葉国光(b),日野元彦(ds)

Disc 3 A2, B1〜B3
●原信夫とシャープスアンドフラッツ+宮間利之とニューハード
(Disc 3 A2, B3 原信夫とシャープスアンドフラッツ+宮間利之とニューハード)
(Disc 3 B1 信夫とシャープスアンドフラッツ)
(Disc 3 B2 笠井紀美子(vo)+宮間利之とニューハード)


Recorded Live at Kosei Nenkin Hall, Tokyo
May 29 & 30, 1971 
渡辺貞夫vs日野皓正

LP: Canyon C20R-0034 (1980.3 頃発売)
[渡辺貞夫4]:
・パストラル
・ラウンド・トリップ (カミング)

[日野皓正グループ]:
・ジャーニー・トゥ・エア
[渡辺貞夫4]:渡辺貞夫 (as,ss,fl), 増尾好秋 (g), 鈴木良雄 (b), 角田ヒロ(ds)
録音:1970年10月1日, ニッポン放送第1スタジオにて
Mixed by 伊予部富治

(* 同日に録音された別の 5 曲と合わせて全7曲が、オープン・リール・テープ『パストラル/アイソトープ』として 1971年2月頃に発売されている。-> 共演ディスコグラフィーのページ)

[日野皓正グループ]: 日野、中村照夫(b)、スティーヴ・グロスマン(ts)、デイヴ・リーヴマン(ts) 他
Recorded at the Upsurge Studio in NYC
in 1970年3月
'70 Jazz Festival in Nemu

Toshiba EMI TP-9011〜12 (LP, 1970年?)
Disc1
日野皓正クインテット -- 日野皓正(tp) ほか
 A1: Stella by Starlight (17'40', V.Young)
 A2: Milestone (3'27", Miles Davis)

山下洋輔トリオ -- 山下洋輔(tp), 森山威男 (ds), 中村(ts)
 A3: ケイコタン (8'28', 山下洋輔)

宮間利之とニューハード, 南里文雄 (tp:B4)
 B1: St. Louis Blues (7'38", W.C.HANDY)
 B2: Mini Mama (6'21", C.D.FULLER)
 B3: 振袖は泣く (5'18", 山木幸三郎)

Disc2
渡辺貞夫カルテット -- 渡辺貞夫(sn), 増尾好秋(g), 鈴木良雄(b), 角田ヒロ(ds)
 C1: Sao Paulo (sn, 12'17", 渡辺貞夫)

原信夫とシャープス&フラッツ
 C2: すみ絵 (7'15", 秋吉敏子)
 C3: Take the "A" Train (5'21": B.Strayhorn)

佐藤允彦トリオ(佐藤允彦 (p), 荒川康夫 (b), 小津昌彦 (ds))
 D1: Muzzy's Tangle (14'10: 佐藤允彦)
 D2: Serenity (9'30: 佐藤允彦)

1970年7月23日〜24日:合歓の郷、三重県

ライナーによれば当日の演奏順は、日野皓正5→山下洋輔3→宮間利之とニューハード→佐藤允彦3→渡辺 貞夫4→原信夫とシャープス&フラッツ、の模様。

11th International Jazz Festival 'Ljubljana 70'

LP: Helidon LP-08-003
Side A:
1. Caravan (J.Tizol)
2. Summertime (G.Gershwin)
3. You Came A Long Way From St. Louis (Brooks/Russell)
4. Blue Bossa (Dorham/Farmer)
5. Ararat (J. Blaha)

Side B:
6. Ritmico (M. Prohaska)
7. I Gott Plenty Of Nothing (G.Gershwin)
8. Isotope (Joe Henderson)
9. Margie (Davis/Conrad/Young)
10. Song (J. Gregorc)
11. Mana Mercury (H. Land)

(Info source: Yugoslavian Jazz Discography in Cosmic Sounds London)

リュブリャナ(当時ユーゴスラビア連邦内の共和国だったスロヴェニアの首都)で開催された国際ジャズ・フェスティバルでのライブ録音。『モントルー・ジャズ・フェスティバルの渡辺貞夫』の少し前に、渡辺貞夫グループがヨーロッパ入りして最初に出演したライブの記録
1. THE BIG BAND OF RTV LJUBLJANA: Joze Privsek - conductor; Leo Wright - alto sax; Andrej Osana, Mojmir Sepe, Urban Koder, Pavel Grasic, Ladislav Zupancic - trumpets; Franc Puhar, Miso Trtnik, Joze Gjura - trombones; Alojz Bezgovsek - bass trombone; Vilko Ovsenik, Ati Sos - alto sax; Dusan Veble, Albert Podgornik - tenor sax; Zoran Komac - baritone sax; Silvester Stingl - piano; Milan Ferlez - guitar; Lado Rebrek - bass; Franc Jagodic - drums.
2. FLAVIO AMBROSETTI ALL STARS / Flavio Amnrosett-tp, George Gruntz-p, Henry Texier-b, Daniel Humair-ds.
3. JO STAHL voc + MONTY SUNSHINE BAND
4. ZAGREB JAZZ QUINTET / Bosko Petrovic-vib,tarabuka, Ozren Depolo-as, Miljenko Prohaska-b, Silvije Glojnaric-ds, Art Farmer-flh
5. GUSTAV BROOM BAND / Soloists: Josef Blaha-oboa, Zdenek Novak-ts (and others)
6. THE BIG BAND OF RTV ZAGREB: Miljenko Prohaska - conductor; Frano Karlovic, Stanko Brichta, Ladislav Fidri (solo), Marijan Domic, Stipica Kalodjera - trumpets; Ivan Keleman (solo), Hrvoje Brajer, Ante Opasic, Vladimir Sucic - trombones; Marijan Scukanec, Bojan Hohnjec - alto sax; Ozren Depolo - soprano sax (solo), alto sax, tenor sax; Boris Franciskovic - tenor sax; Maks Johan - bariton sax; Zlatko Dvorzak - piano; Kresimir Remeta - bass; Silvije Glojnaric - drums; Bosko Petrovic - vibraphone (solo); Damir Dicic - guitar
7. THE SWINGLE SINGERS
8. SADAO WATANABE QUARTET / Sadao Watanabe-as, Yoshiaki Masuo-g, Yoshio Suzuki-b, Hiro Tsunuda-ds 渡辺貞夫, 増尾好秋, 鈴木良雄, つのだひろ。
9. KEN BURTON, voc + MONTY SUNSHINE BAND
10. MLADI LEVI / Soloists: Petar Ugrin-tp, Jernej Podboj-ts (and others)
11. BOBBY HUTCHERSON-HAROLD LAND QUINTET / Bobby Hutcherson-vib, Harold Land-ts, Hal Galper-p, Regianal Johnson-b, Joe Chambers-ds 
RECORDED Recorded live on International Jazz Festival "Ljubljana 1970", Krizanke 4/6.June,1970.
Guitar Workshop
ギターワークショップ
LP: 再TEICHIKU JUP-5; UNION UPS 2015-J
Side A:
1.アップル (曲:鈴木宏昌)
 杉本喜代志(g)
 池田芳夫(b)
 岡山和義(ds)
2.ロンサム・バルーン (曲:川崎燎)
 川崎燎(g)
 小泉僖美男(b)
 村上寛(ds)
3.ソフト・サッドネス (曲:増尾好秋) 
 増尾好秋(g)
 鈴木良雄(b)
 渡辺文男(ds)
4.集団投射 (曲:高柳昌行)
 高柳昌行(g)
 吉沢元治(b, etc)
 豊住芳三郎(ds)
Side B:
1.ヤングブラッド (曲:菊地雅章)
2.演歌に対する悲しみのゼスチャー (曲:山木幸三郎)
 「ワルツのイントロから高柳がソロをはさんだあと7/4拍子のテーマがあり、ソロは川崎にはじまり、杉本と増尾のリフを経て杉本のソロとなる」(解説より)
 高柳昌行(g)
 杉本喜代志(g)
 増尾好秋(g)
 川崎燎(g)
 池田芳夫(b)
 村上寛(ds)
1970.1.17、2.2 録音。
The Natural Sound of Jazz

Single:YM-1003

Yamaha NS (Natural Sound ) speakerについていた非売品

Side 1:
1. Take Five (Paul Desmond)
Takeshi Inomata, West Liners

2. Mas Que Nada (Jorge Bln)
Tokyo Cuban Boys

Side 2:
1. Here There and Everywhere
Sadao Watanabe Quartet
猪俣猛とウエスト・ライナーズ

東京キューバン・ボーイズ

渡辺貞夫クワルテット::渡辺貞夫, 増尾好秋(g), 鈴木良雄?(b), 渡辺文男?(ds)

録音年、発行年ともに不詳。 ただし、サウンドを聴く限り1969年前後の録音と思われる。
All Japan Jazz Festival '69 Swing Journal All Stars '69

LP: Nippon Columbia PSS-10005〜6
Side 1:
1. サーカス / 日野皓正クインテット
2. いそしぎ / 弘田三枝子(vo)と日野皓正クインテット

Side 2:
3. パストラル / 渡辺貞夫カルテット(増尾好秋g,鈴木良雄b,渡辺文男ds)
4. シー・ヴュー / ジョージ大塚トリオ

Side 3:
1. S.J.ストンプ / スイング・ジャーナル・オールスターズ'69
(残念ながら増尾好秋は不参加か? ライナーにクレジットなし)
2. キャッスル・キャッツ / 富樫雅彦=鈴木弘クインテット
Side 4:
1. サブシ / 原信夫とシャープスアンドフラッツ
2. スプリング・スプリング・イズ・ヒア / 武井義明+原信夫とシャープスアンドフラッツ
3. A列車で行こう(前田憲男arr) / SJオールスターズ+原信夫とシャープスアンドフラッツ
  ※ソロ・オーダー:渡辺貞夫(as)〜宗清洋(tb)〜北村英治(cl)〜日野皓正(tp)〜伏見哲夫(tp)〜福島照之(tp)〜松本英彦(ts)〜増尾好秋(g)〜鈴木弘(tb)〜ジョージ大塚(ds)〜中村吉夫(ds)

1969年5月24日東京厚生年金会館で実況録音
1969年12月25日発売
All Japan Full Band Festival '68

LP: Nippon Columbia PSS-10003〜4
CD: COCS-7684 (vol1) COCS-7685(vol2) (July, 1991)
Vol 1 (COCS-7684) Recorded Sep 10, 1968
1. ワン・オクロック・ジャンプ(山屋清arr)
2. タンブリン・タンバリン(前田憲男copm,arr)
 / 原信夫とシャープスアンドフラッツ -- 原信夫,谷口和典(ts), 前川元,鈴木孝二(as), 森川信幸(bs), 森川周三,福島照之,篠原国利,佐波博(tp), 谷山忠男,鈴木弘,橋爪智明,中島正弘(tb), 小川俊彦(p), 増尾好秋(g), 竹内弘(b), 中村吉夫(ds)

3. サニー
4. ポルカ・ドッツ・アンド・ムーン・ビームス
 / 小野満とスイング・ビーバーズ

5. エル・ブーガルー
6. マカレナ
 / スマイリー小原とスカイライナーズ

7. テイスト・オブ・ザ・タウン(前田憲男copm,arr)
 / 全日本オールスターズ -- 伏見哲夫,日野皓正,篠原国利,福島照之(tp), 宗清洋,鈴木弘,永田久男,橋爪智明(tb), 渡辺貞夫,鈴木孝二(as), 村岡健,宮沢昭(ts), 岡崎広志(bs), 菊地雅章(p), 稲葉国光(b), 増尾好秋(g), 猪俣猛(ds)

8. マリ
9. そして今は
 / 海老原啓一郎とロブスターズ

10. トランペット・チャ・チャ・チャ
11. タブー
12. ラ・マラゲーニャ
 / 有馬徹とノーチェ・クバーナ
Vol 2 (COCS-7685) Recorded Sep 13, 1968
1. シングス・エイント
2. ブルース・フオー・ベイシー
 / 森寿男とブルーコーツ

3. 瞳をみつめて
4. 甘き調べ
 / 小俣尚也とドライビング・メン

5. マラゲーニャ
  チャーリー石黒と東京パンチョス
6. 城ヶ島の雨
 / 松本文男とミュージック・メイカーズ

7. コアギュレイシヨン(山屋清comp,arr)
 / 全日本オールスターズ -- 伏見哲夫,日野皓正,森川周三,福島照之(tp), 中沢忠孝,鈴木弘,谷山忠男,西村久(tb), 渡辺貞夫,五十嵐明要(as),村岡健,松本英彦(ts), 岡崎広志(bs), 市川秀男(p),寺川正興(b), 増尾好秋(g),猪俣猛(ds)

8. 南京豆売り
 / 見砂直照と東京キューバン・ボーイズ

9. ストライク・アップ・ザ・バンド(前田憲男arr)
 / 見砂直照と東京キューバン・ボーイズ+原信夫とシャープスアンドフラッツ の合同演奏

1968年9月10日(vol 1)と13日(vol 2)
新宿厚生年金会館で実況録音
All Japan Jazz Festival '68

LP:Nippon Columbia PSS-10001〜2
Vol. 1 Side A:
1. On Time Machine Played オン・タイム・マシーン
  ジョージ大塚トリオ

2. Trust Me Now トラスト・ミー・ナウ
  日野=菊地オールスターズ

3. Gary's Tune ゲイリーズ・チューン
  原信夫とシャープスアンドフラッツ -- 原信夫, 谷口和典(ts); 前川元(はじめ), 鈴木孝二(as); 森川信幸(bs); 森川周三, 福島照之, 篠原国利, 佐波博(tp); 谷山忠男, 鈴木弘, 橋爪智明, 越智治夫(tb); 小川俊彦(p); 増尾好秋(g); 竹内弘(b); 中村吉夫(ds); 渡辺貞夫(comp,arr)

Side B:
1. Wednesday Night Player's Meeting 水曜日の夜の集会
  原信夫とシャープスアンドフラッツ
  八木正生(arr)

2. Spanish Lady スパニッシュ・レディ
  原信夫とシャープスアンドフラッツ
  前田憲男(arr)

3. Forest Flower フォレスト・フラワー
  原信夫とシャープスアンドフラッツ
  前田憲男(arr)
Side C:
1. Oreo オレオ
サキソフオン・ワークショップ

2. Respect リスペクト
  弘田三枝子(vo)+原信夫とシャープスアンドフラッツ
  山木幸三郎(arr) ??

3. Six Steps 六段くずし
  山本邦山(尺八)+原信夫とシャープスアンドフラッツ 

4. Jada ジャダ
  SJオールスターズ featuring 八城一夫(p)

Side D:
1. Cherokee チェロキー
  SJオールスターズ featuring 松本英彦(ts)
 
2. Beautiful Love ビューティフル・ラブ
  SJオールスターズ featuring 沢田駿吾(g)

3. Solitude ソリチュード
  SJオールスターズ featuring 武井義明(vo)

4. But Not For Me バット・ノット・フォー・ミー
  SJオールスターズ featuring 北村英治(cl)

5. Watermelon Man ウォーター・メロン・マン
  全員による演奏
Swing Journal All Stars '68

LP: TAKT JAZZ-3003
Side A:
1.The Fox Doesn't Trot (Sadao Watanabe)
 渡辺貞夫カルテット -- 渡辺貞夫(as,fl), 増尾好秋(g), 渡辺文男(ds), 橋本静雄 (b)
1968年5月21日:テイチク会館スタジオ

2.The Time Machine (H.Ichikawa)
 ジョージ大塚トリオ + 松本英彦 (ts) -- ジョージ大塚 (ds), 市川秀男 (p), 寺川正興 (b)) 
 1968年5月15日:テイチク会館スタジオ

3.The Lady Is A Tramp (L.Hart, R.Rodgers)
 武井 義明 (vo), 八城一夫 (p), 沢田駿吾 (g), 原田政長 (b), 猪俣猛 (ds)
 1968年5月16日:テイチク会館スタジオ
Side B:
1. Drive Guide (Norio Maeda)
 原信夫とシャープス&フラッツ, 前田憲男 (cond)
 1968年5月28日:麹町スタジオ

2. 350 Trip (Sadao Watanabe)
 渡辺貞夫(as), 日野皓正(tp), 鈴木弘(tb), 菊地雅章(p), 稲葉国光(b), 富樫雅彦(ds)
 1968年5月21日:テイチク会館スタジオ

3. Sam Sack (M.Jackson)
 八城一夫(p), 北村英治(cl), 平岡精二(vib), 沢田駿吾(g), 原田政長(b), 猪俣猛(ds)

 1968年5月16日:テイチク会館スタジオ

(※追加情報・訂正すべき点などありましたら、管理人までお願いします)

Thanks for information to The Sadao Club, ANALOG70-san, and East Man-san

 

[Top of this page]